老人性イボが綺麗に取れる!皮膚科治療と自宅ケア5選

老人性イボ治療

首や顔にできる老人性イボに悩んでいませんか?
ポツポツと老人性イボがあると、年齢を感じてしまって気分が滅入ってしまいますよね…。

 

「もっと若々しい肌でいたい!」
「自分のお肌に自信を取り戻したい!」
そんな女性のために、首・顔の老人性イボの取り方を教えます。

 

これから紹介する方法を知ることで、

  • 首や顔の老人性イボを取ることができる!
  • 老人性イボが出来にくいお肌に変わる!
  • 自分の顔や首のお肌は、若々しいと自信が持てる!
  • ネックレスや胸元の広い洋服を楽しむことができる!
  • 首や顔の老人性イボの心配から解放される!

 

首や顔の老人性イボは取ることができる上、老人性イボが出来にくお肌を作ることで、今後老人性イボができない綺麗なお肌を保つこともできます
なので、安心して下さい。

 

首や顔の老人性イボの取り方としておすすめする最もお手軽な方法が、「専用クリームを使った対策」です。クリームを使うことで、自宅でも簡単にポツポツを取ることができ、ポツポツが出来にくいお肌も作ることができます

 

老人性イボ治療

 

 

 

 

どうして首や顔にポツポツと老人性イボができるの?

首や顔の老人性イボが発生する原因は、「皮膚の老化」です。

 

加齢によって、皮膚が老化することでオーバーターン(皮膚の新陳代謝)が衰え、古い角質が蓄積されていきます。蓄積された古い角質が集まって、ポツポツとできるのが、老人性イボです。

 

さらに、皮膚の老化は「加齢」によって起こるのに加え、「紫外線」「お肌の乾燥」によって老化現象が加速します。

 

紫外線は、首や顔のお肌にダメージを与え、皮膚を老化させます(光老化)。その結果、紫外線によって老化が加速したお肌は、老人性イボが出来やすいお肌になってしまいます。

 

また、お肌が乾燥していると、肌のバリア機能が衰え、紫外線の悪影響を強く受けてしまい老人性イボが出来やすくなります。

 

老人性イボと永遠に「さようなら」するには?

首や顔の老人性イボは、皮膚の老化によって発生します。
つまり放っておくと、加齢とともに、どんどん増えていったり、大きくなっていく可能性があるということです。

 

なので、今ある老人性イボを取るだけでなく、そもそも老人性イボが出来にくいお肌を作る必要があります。そうすることで、首や顔の老人性イボに悩むことがなくなります。

 

そして、老人性イボが出来にくいお肌を作るには、「紫外線」と「お肌の乾燥」を対策する必要があります。

 

そこで、活用したいのが「専用クリーム」です。

 

特に、女性に大人気の「艶つや習慣」という専用クリームには、ポツポツに効く成分が配合されています。さらにオールインワンジェルなので、たった1つで角質ケアとスキンケア(保湿によるポツポツ予防)ができます。

 

ポツポツをあきらめていたという女性が「ポロリと取れた!」注目のクリームなので、あなたも試してみる価値ありです♪

 

老人性イボの取り方−艶つや習慣の紹介

 

老人性イボの取り方:皮膚科治療と自宅ケア5選<おすすめ順>

首や顔の老人性イボの取り方を紹介していきます。皮膚科治療としての取り方と、自宅ケアとしての取り方を、おすすめ順で紹介していきます。

 

老人性イボの各取り方には、メリット・デメリットがあります
首や顔の老人性イボは取れるものの、再発の可能性が残る取り方や、強い痛みを伴う取り方、治療費の高い取り方などがあります。

 

表:老人性イボの各種取り方のメリット・デメリット表

 

首や顔の老人性イボを取りたい女性は、上の表とこれから紹介する各種取り方を参考にして下さい。

 

老人性イボの取り方@:専用クリーム

おすすめ度:治療
メリット:自宅で取れる/自宅で予防できる
デメリット:少し時間がかかる

首や顔の老人性イボの取り方で最もおすすめが専用クリームを使った方法です。

 

この取り方がおすすめな理由は、病院での治療に抵抗がある女性が多い中、この方法なら自宅でもポツポツを取ることができるからです。
さらに、ポツポツが出来にくいお肌を作ることもできるからです。

 

病院での治療は「処置が痛い」「処置が怖い」「治療費が高い」「通院が面倒」「取るだけで予防はできない」といった理由で、自分で取りたい・予防したいという女性には「専用クリーム」がおすすめです。

 

専用クリームなら、自宅に居ながら、簡単にポツポツケアができます。痛みを感じずに、ポロリと取れて、ポツポツができないお肌作りができます♪

 

ポツポツケア専用クリーム ランキング

 

首のイボを取るジェルクリーム−艶つや習慣

艶つや習慣の特徴

艶つや習慣は、あきらめていた女性が「ポロリと取れた」注目のポツポツケア人気No.1ジェルクリームです。

首イボの内服薬に使われるハトムギエキスを配合しています。首元・目元・胸元、全身に塗ることができる大容量。
角質ケアとスキンケアが同時にできるオールインワンなので忙しい朝でも簡単にポツポツケアが完了します。
お客様満足度97%だから、あなたも試してみる価値あり♪

価格 4,104円Web限定初回2,052円
評価 首のイボを取るジェルクリームの評価5
備考 自宅で「ポロリ」と取れ、さらにポツポツができないお肌を保つことができるジェルクリームです。オールインワンなので、化粧水・保湿液が不要になり、楽にポツポツケアができます。節約にもなります。
首や顔のポツポツに悩んでいるのでしたら、50万部突破の人気クリームを是非一度使ってみてはいかがでしょうか。
 
 

首のイボを取る方法−シルキースワン

シルキースワンの特徴

シルキースワンは、首元美容ジェルです。

ハトムギエキスを配合しています。しっとりが続くのにサラッとベタつかないの特徴で、バーベナの香りがするのも特徴です。他にも成分がたくさん配合されています。
初回は1,777円と安めですが、2回目以降は5,400円と高めな価格になるジェルです。

価格 9,800円初回1,777円
評価 首のイボを取る方法−評価4
備考 全身OKで大容量の艶つや習慣に比べると、シルキースワンは首元専用なので容量は少なくなります。首だけケアできればいい、香り付きのジェルが良いという女性におすすめ♪
 
 

首のイボを取る方法−アンミオイル

アンミオイルの特徴

アンミオイルは、顔と首のポツポツを滑らかにするオイルです。

豊富に含まれるパルミトレイン酸が皮膚をやわらかく滑らかな肌にしてくれます。油やけをしにくいように出来ているので安心して使えます。すばやく皮膚に浸透して保湿します。

価格 1340円初回980円
評価 首のイボを取る方法評価3
備考 アンミオイルはジェルクリームではありませんが、ポツポツケア商品の1つです。オイルなので、顔のテカりが心配な方・オールインワンジェルが良い方にはおすすすめしません。アンミオイルで対策したい方におすすめです。
 

ポツポツが気になる女性には「艶つや習慣」がおすすめ!

 

老人性イボ治療

 

「自宅で首や顔のポツポツを取りたい!」
「もうこれ以上、首や顔にポツポツができない肌を作りたい!」
そんな女性には、艶つや習慣がおすすめです。

 

艶つや習慣は、ポツポツケア商品の中でも人気No.1です。なので、すでに23万個も売れていて、それだけ多くのポツポツに悩む女性が利用し、使い続けています。

 

なので、他の商品と比べて信頼できますし、期待もできます。
あなたも、ポロリと取れる・ポツポツのない若々しさを保てる、といったことを期待できます

 

老人性イボの取り方−艶つや習慣の紹介2

 

老人性イボの取り方A:レーザー

おすすめ度:治療
メリット:短時間で可能
デメリット:治療費が高い/治療後は数ヶ月間傷跡が残る/そのまま傷跡が残ることも/予防にはならない

皮膚科治療としての老人性イボの取り方に、レーザーがあります。主に炭酸ガスレーザーを使って、老人性イボを取ります。

 

処置後には皮膚に薬を塗り、治療後に残る傷の修復を助けます。なので、数ヶ月後には傷跡は分からなくなると言われています。

 

1回〜2回の通院で処置が完了するため、短期間で、ほぼ痛みもなく、老人性イボを取ることができます。ですが、保険適応がされないことが多く、治療費が高くなります。また、首や顔の老人性イボの場合は、他の取り方によって取る場合も多くなります。

 

そして、レーザーでの老人性イボの治療は、老人性イボの予防にはなりません。なので、他の部分に、老人性イボが再発する可能性があり、「老人性イボが出来ては、取って…、出来ては、取って…」と繰り返す可能性もあります。

 

なので、レーザーでの老人性イボの取り方は、今ある首や顔の老人性イボを短時間で取るために利用し、併せてクリームなどを使ってポツポツが出来にくいお肌を作り、再発を防ぐことが必要です。

 

老人性イボの取り方B:切除

おすすめ度:治療
メリット:1回の治療費が比較的安い
デメリット:2週間ほど傷が残る/予防にはならない

首や顔の老人性イボを皮膚科で治療する場合、特別なハサミなどで老人性イボを切除する取り方をする病院もあります。

 

首や顔の老人性イボが大きい場合は、電気焼灼治療といって、電気メスを使った老人性イボの切除を行う場合もあります。あるいは、メスによる外科的手術によって老人性イボを切除する場合もあります。

 

いずれも2週間ほど経てば傷跡は治ると言われています。また保険が適応されることが多いので、レーザーによる老人性イボの治療よりは治療費は安くなります。

 

この切除による老人性イボの取り方も、今ある首や顔の老人性イボを取るための方法であって、予防ではありません。なので、再発を防ぐためにクリームを使った方法などで予防することも大切になります。

 

老人性イボの取り方C:内服薬

おすすめ度:治療
メリット:予防できる
デメリット:時間がかかる/液体窒素と併用する

内服薬は、ハトムギから作られたヨクイニンという薬を用いることが多いようです。天然成分であるため、副作用がない安全な方法として用いられます。保険も適応されるので、費用もそれほど高くはありません。

 

ですが、効果が出るのに時間がかかるため、後述する液体窒素と併用して用いられることが多いです。

 

老人性イボの予防ができるという点では嬉しいものの、やはり病院での治療では、首や顔の老人性イボを除去するために他の方法も用いることになります。

 

老人性イボの取り方D:液体窒素

おすすめ度:治療
メリット:1回の治療費は安い
デメリット:時間がかかる/強い痛みを伴う/色素沈着・シミが残ることも/予防にはならない

液体窒素は一般的な老人性イボの取り方として用いられます。液体窒素を老人性イボに接触させることによって、細胞を凍結させ除去する方法です。保険が適応させるための安く治療が行えます。

 

液体窒素での老人性イボの治療では、数ヶ月に渡って何度も治療を行う必要があります。また液体窒素を幹部に接触させる際には、強い痛みを感じることもあり、できればやりたくない老人性イボの治療法です。また首や顔に、色素沈着やシミが残ってしまうリスクもあります。

 

なので、できれば避けたい取り方として最後に紹介しました。

 

老人性イボの取り方まとめ

首や顔の老人性イボの取り方はいくつか方法があります。どの取り方にもメリットとデメリットがあります。

 

自分に適した老人性イボの取り方を選ぶポイントは、

  1. どうやって今ある首や顔の老人性イボを取るのか?
  2. これ以上、首や顔に老人性イボができない・大きくならない肌を作るにはどうすればいいか?

という2点について考えることです。

 

首や顔の老人性イボは皮膚の老化によって角質が蓄積することが発生します。なので、首や顔の老人性イボは、放っておくと、どんどん大きくなっていくし、他の場所にも出来てしまいます

 

仮に病院で老人性イボを取ってもらっても、「老人性イボが出来ては、取って…。出来ては、取って…。」を繰り返していたら、通院も面倒だし、お金もかかります。
だからこそ、今ある首や顔の老人性イボを取るだけでなく、これ以上できないように予防することも大切になってきます。

 

例えば、今ある首や顔の老人性イボを病院で取ってしまって、クリームで予防するといった方法。
あるいは、始めから自宅でクリームを使って、首や顔のポツポツを取り、予防する方法。
といったように、「取ること」と「予防すること」はどちらも必要です。

 

首や顔の老人性イボがこれ以上できないようにするには、自宅ケアの「クリーム」か、皮膚科の「内服薬」のどちらかになります。

 

ですが、「紫外線」や「皮膚の乾燥」によって皮膚の老化現象が加速し、首や顔の老人性イボも出来やすくなるということを考えると。
直接、お肌にポツポツに効く成分を塗ることができ、お肌を保湿してくれ、紫外線から守ってくれるクリームの方は活用したいものです

 

 

老人性イボの取り方−艶つや習慣の紹介3

 

 

 

 

老人性イボ治療

 

老人性イボに関する知識集

首や顔の老人性イボに関するコラムをまとめています。首や顔の老人性イボで悩んでいる方は、チェックしておきましょう♪

 

1:首や顔の老人性イボの原因は?

首や顔の老人性イボの原因は、老化です。老化によって、皮膚のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)が衰えることで、古くなって角質が蓄積され、隆起します。この蓄積された古い角質が、老人性イボの正体です。

 

気をつけておきたいことは、皮膚の老化は、年齢によるものだけではないということです。紫外線や乾燥、摩擦によっても皮膚の老化が起こります。

 

紫外線は、皮膚の老化を加速させます。なので、紫外線対策をしっかりと行わなければ、老人性イボができやすいお肌になってしまいます。紫外線対策は、今すぐにでも始めておきましょう。紫外線によって、老化してしまったお肌を若返らせるのは難しいのが現状です。可能な限り若いうちから、紫外線対策を行っておくことが大切です。

 

また皮膚の乾燥も、老化を早めてしまいます。そのため、しっかりと保湿を行っておくことが大切です。

 

そして意外な老化の要因は、摩擦です。老人性イボが、首や胸元にできてしまって悩んでいる女性も多いです。それは、ネックレスの摩擦によって、皮膚が老化し、老人性イボが発生してしまったのです。

 

ですが女性の場合は、ネックレスを身に着けないというのは、シチュエーションによっては難しいものです。なので、老人性イボ対策専用の化粧品を使うなどをして、老人性イボの対策を行っておきましょう。

 

2:脂漏性角化症とは?

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)は、「老人性イボ」や「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも呼ばれ、良性腫瘍のひとです。基本的には、加齢と共に増えていきます。ですが、20〜30代の若い頃から出現する人もいます。

 

脂漏性角化症は皮膚の老化現象のひとつなので、80歳以上の高齢者になると、首や顔に、ほとんどの方に見られます。

 

脂漏性角化症が出現する年齢の割合としては、60代で80%もの多くの方に、80代ではほぼ100%もの方に見られる傾向にあります。特に、若い頃から紫外線をたくさん浴びてきた方は40〜50代から脂漏性角化症の出現が見られます。

 

脂漏性角化症は、遺伝も関係すると言われています。なので遺伝によって、20〜30代の若い方でも出現することが確認されています。

 

3:老人性疣贅とは?

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は、「老人性イボ」や「脂漏性角化症」とも呼ばれ、良性腫瘍のひとつです。

 

老人性疣贅は、皮膚の老化によって出現するものなので、全身のどこにでもできる可能性があります。特に、首や顔、手の甲、腕、肩などに出現しやすい傾向にあります。ただし、手のひらや足の裏にはできません。

 

首や顔の老人性疣贅の色は濃い肌色から黒色までさまざまです。首や顔の老人性疣贅のでき始めは、1〜2ミリの小さなものです。ですが、次第にどんどん大きくなっていきます。形も平であったり隆起していたりと様々です。

 

首や顔の老人性疣贅は、皮膚の老化現状のひとつなので、良性です。なので、移すことも、移されることも心配ありません。ですが、老人性疣贅だと思っていたら、悪性のガンだったという可能性もありますので、一度、医師に診てもらった方がいいかもしれません。

 

4:脂漏性角化症が使うべき化粧品は?

首や顔にできた脂漏性角化症(=老人性イボ)が気になっている方は、化粧品が大切になってきます。

 

脂漏性角化症は、保湿が重要です。皮膚が乾燥していると、皮膚の老化現象を早めてしまい、脂漏性角化症ができやすくなります。そのため日頃から、保湿をしっかりと行っておく必要があります。

 

そこで、嬉しいことに脂漏性角化症に悩んでいる人向けの化粧品が販売されています。化粧品として代表的なのは「艶つや習慣」や「シルキースワン」といった保湿クリームです。

 

これらの化粧品には、首や顔のイボに良いとされる「ハトムギエキス」が配合されています。なので、保湿するだけでなく、ハトムギエキスを直接、首や顔のお肌に塗布することでイボ対策が行える化粧品となっています。

 

脂漏性角化症(=老人性イボ)にお悩みの方は、専用の化粧品を使って対策するのがおすすめです。

 

老人性イボ治療

 

 

5:老人性イボ専用の化粧品に効果はあるの?

首や顔の老人性イボ専用の化粧品として代表的なものに「艶つや習慣」や「シルキースワン」といった化粧品があります。これらは保湿クリームですが、首や顔の老人性イボの内服薬として利用されるハトムギエキスが配合されています。

 

ハトムギは中国南部から東南アジアに生息するイネ科の植物です。

 

実際の治療では「ヨクイニン」という名称がついた内服薬を用います。ヨクイニンはハトムギの種の殻を砕き、中身を乾燥させて作った薬です。ですが、ヨクイニンを服用しても、効果を実感できない患者さんもおられるようです。

 

なので、顔や首に直接、ハトムギを塗布できる化粧品を使うと、首や顔の老人性イボの対策に期待できるというわけです。首や顔の老人性イボが気になっている方は、専用の化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

 

6:老人性疣贅に良いオイルってあるの?

首や顔の老人性疣贅に良いとされるオイルには、アンミオイルがあります。アンミオイルは、保湿効果があり、首や顔の古い角質をふやかして柔らかくしてくれます。なので、老人性疣贅にお悩みの方は、アンミオイルを使ってみることを検討してみもいいかもしれません。

 

7:老人性イボは、皮膚科で除去してもらえる?

首や顔の老人性イボは、皮膚科で除去してもらえます。ですが皮膚科には大きく分けて、皮膚科と美容皮膚科があります。

 

美容皮膚科は、美容を目的として治療を行うため、保険は適応されないことが多いです。例えば、老人性イボを除去する場合でも、美容皮膚科のレーザー治療には保険が適応されないことが多いです。そのため高額の費用がかかります。

 

一方、皮膚科は治療を目的として行います。そのため、保険が適応されることも多いです。老人性イボお皮膚科で除去する場合は、液体窒素での老人性イボ治療か、ヨクイニンなどの内服薬での老人性イボ治療、あるいは外科的切除による老人性イボ治療になります。これらは保険が適応されることが多いので、費用が低額となります。

 

ですが最近では、皮膚科と美容皮膚科の両方を開いている病院もあるので、老人性イボの除去の選択肢を広げたい場合は、皮膚科と美容皮膚科の両方を受け付けている病院を選ぶことをおすすめします。

 

8:老人性イボの皮膚科の治療法の種類について

首や顔の老人性イボの皮膚科での治療方法は、「液体窒素による老人性イボの除去」「外科的切除による老人性イボの除去」「レーザーによる老人性イボの除去」「内服薬による老人性イボ除去」などがあります。どの老人性イボの治療法にも、メリットとデメリットがあります。

 

首や顔の老人性イボの治療を検討されている方は、「老人性イボの取り方:皮膚科治療と自宅ケア5選<おすすめ順>」をご覧ください。この項目で、老人性イボの治療法のメリットとデメリットをまとめています。

 

1つの老人性イボの治療法がダメだったとしても、他の老人性イボの治療法を知っておくと、柔軟に老人性イボの治療法の選択ができるようになります。

 

9:皮膚科でのレーザー治療について教えて!

皮膚科での老人性イボのレーザー治療と言っても、様々なレーザー治療があります。「炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)」や「QスイッチYAGレーザー」、「アレキサンドライトレーザー」など。

 

老人性イボの切除でレーザー治療を希望する方は、その病院で行っているレーザー治療について知っておく必要があります。そこで、まずは病院のサイトを閲覧して、どのようなレーザー治療を行っているのか調べておきましょう。そして、一度、病院の医師にレーザー治療について相談してみましょう。

 

レーザー治療は、多くの場合、高額になります。なので失敗しないように、前もって患者自身が知識を持っておくほうが安全ですし、満足のいく結果が得られるでしょう。

 

10:紫外線は老人性疣贅の原因って本当?

紫外線は、老人性疣贅の原因になります。紫外線は、皮膚の老化を早めます。皮膚が老化すると、古い角質が蓄積されやすくなります。その古い角質が蓄積されていくと、隆起し、老人性疣贅になっていきます。

 

なので、紫外線対策をしっかりと行っておくことが大切です。

 

12:老人性イボに使われる治療薬とは?

老人性イボに使われる治療薬には、ハトムギから作られた「ヨクイニン」という内服薬が利用されます。ハトムギは、首や顔のイボに効果があるとされていて、老人性イボの治療に利用されます。

 

ですが内服薬の効き目は、遅いので、首や顔のイボを切除した上で、老人性イボの予防として用いられることが多いです。老人性イボの治療方法によって、メリットやデメリットがあります。事前に、どのような治療方法があるのかを確認した上で、自分に合う老人性イボの治療法を選ぶことをおすすめします。

 

老人性イボ治療

 

 

老人性イボの治療が受けられる病院(クリニック)の探し方と選び方

老人性イボの治療が受けられる病院(クリニック)の探し方と選び方を紹介します。老人性イボの治療は、皮膚科と美容皮膚科になります。美容皮膚科は、治療目的ではなく、美容目的として扱われるので、老人性イボの治療に保険が適応されません。

 

皮膚科と美容皮膚科の違いは、次のようになっています。

皮膚科での治療

美容皮膚科での治療

保険適応の有無

有り

基本的に無し

治療費用

安い

高い

主な治療法

液体窒素、外科的切除、ヨクイニン(内服薬)

レーザー

 

 

皮膚科と美容皮膚科では、条件が異なってきまし、老人性イボの治療法も異なっています。そのため、どのような老人性イボの治療を受けたいかによって、皮膚科なのか、美容皮膚科なのかを選ぶことになります。

 

一般的に、皮膚科に行くと、レーザー治療は対応していない場合が多くなります。ですが最近では、皮膚科と美容皮膚科の両方ともある病院も増えてきています。そのような病院に行くと、老人性イボの治療の選択肢は広がります。

 

老人性イボの治療を受ける病院を探すのに、便利なサイト

老人性イボの治療を受ける病院を探す際は、次のようなサイトを利用すると便利です。

 

日本皮膚科学会が提供する皮膚科専門医MAP

日本皮膚科学会

 

日本皮膚科学会が提供している皮膚科専門医MAPです。このサイトを利用すれば、皮膚科学会に登録している皮膚科の専門医を見つけることができます。皮膚科専門医による治療を受けたい方は、このサイトが安心して利用できるでしょう。

 

⇒日本皮膚科学会が提供する皮膚科専門医MAPはこちら

 

 

日本臨床皮膚科医会が提供する皮膚機関検索サイト

日本臨床皮膚科医会

 

日本臨床皮膚科医会が提供している皮膚機関検索サイトです。こちらも信頼できるサイトなので、治療を受ける病院を探す際に利用するといいでしょう。

 

⇒日本臨床皮膚科医会が提供する皮膚機関検索サイはこちら

 

医療機関検索サイト:caloo

caloo

 

caloo(カルー)は、企業が運営しているサイトです。美容皮膚科での治療は、医師の腕が、特に問われます。なので口コミサイトを利用して、予め、医師の評判を参考にするのも1つの手です。その際は、口コミが掲載されているcaloo(カルー)を利用すると良いでしょう。

 

⇒caloo(カルー)の全国の美容皮膚科の病院・クリニックを見る

 

 

病院での老人性イボ治療を受ける際は、老人性イボの治療法によって受ける「科」が違ってくることを覚えておいて下さい。そして老人性イボは、病院での治療だけでなく、日々の予防が大切です。病院での老人性イボ治療は、主に切除であり、予防ではありません。

 

自宅でのケアを欠かすと、再び、別の場所に老人性イボが出てしまう可能性があります。なので「老人性イボ治療」と「自宅での老人性イボケア」をセットにして考えて下さい。

 

老人性イボ治療