MENU

老人性イボは悪性か?悪性イボと老人性イボの見分け方

老人性イボ悪性

体にできるイボの中には良性のものと悪性のものが存在しており、それを早期に見分けることが出来るかどうかがとても重要となります。

 

特に老人性イボ悪性イボは一見違いがわからないことも有るため正しい見分け方を知ることが必要となります。

 

悪性イボと老人性イボの違い

悪性イボ

老人性イボとは年齢を経ていくことで肌に発生するイボのことで、特に30代を越えたあたりから発生しやすくなるイボです。

 

この老人性イボの原因となるのは紫外線や肌へのダメージ、摩擦などによるところが大きく、基本的に出来たからと言っても特に体への害は無いイボとなります。

 

肌へのダメージの蓄積により出来るのが老人性イボのためダメージの少ない若いうちに出来ないという特徴もあるため、もし10代などの若い年齢でイボが出来てしまった場合には悪性イボを疑う必要もあるでしょう。

 

老人性イボという名前の通り老人に多くみられるイボですのでそれを基準に見分けることも可能です。

 

悪性イボと老人性イボは色が違う?

老人性イボの色

悪性イボはほくろ癌とも呼ばれる皮膚癌ですので、その色に関してはほくろと同様に黒い色をしています。しかし老人性イボの場合は皮膚と同じ色のイボが出来ることが多く、色の違いで見分けることも可能です。

 

例えば首に肌と同じ色のぽつぽつが複数出来た場合には、悪性イボではなく老人性イボの可能性が高いと言えます。その為色を基準にすることである程度の区別は可能となります。

 

しかし老人性イボの中にもほくろのように黒いものも存在しているため、その場合には悪性イボとの見分けがつかない場合もあります。

 

ただし悪性イボの場合は形が左右非対称であり、均等な形をしていないという特徴もありますし、短期間で大きくなるといった特性もあるのでそれを目安にして判断することも可能です。

 

老人性イボも大きくなることはありますが、左右対称の形状ですので悪性イボとは区別可能です。

 

不安な場合は医療機関に

医療機関

老人性イボと悪性イボの見分けがつかない場合には、医療機関で調べてもらうのが最も確実な方法となります。

 

自分では老人性イボだと考えていたイボが実は悪性イボだったということも有りますし、逆に悪性かもと心配していたイボが単なる老人性イボだったというケースもあります。

 

悪性イボの場合放置することで命に関わることも有りますし、大きくなりすぎると大がかりな手術をする必要や抗がん剤を使用しなければいけなくなる可能性も否定できません。

 

そうなると単なるイボと軽視していたもので人生を大きく狂わされてしまうことも有りますし、逆に悪性だったらと考えていたイボが老人性イボだったので一安心ということも考えられます。

 

医療機関でのイボの診察は最も確実であり専門機関での判断となるので信頼できる答えを導き出してくれるでしょう。

 

やはり素人判断でイボを悪性か良性か判断するのは非常に危険でありリスクを伴うので、少しでも不安がある場合は医療機関を利用しましょう。

 

老人性イボ