MENU

アットノンは老人性イボ対策に使える?

アットノン

 

老人性イボができてしまう主な原因は、肌の老化です。

 

例えば、肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を作り出し、その被害を回避します。そしてしばらくするとメラニン色素は肌の角質と一緒に剥がれ落ちます。このようなサイクルがあるからこそ、肌は日焼けした後も再び白くなるのです。

 

しかし肌の老化が進むと、メラニン色素を排出する力が鈍くなります。そしてメラニン色素を含んだ角質が上手く剥がれ落ちることができなくなり、それが一か所に蓄積します。

 

その結果、そこに黒ずんだイボができてしまうのです。また肌細胞は加齢と共に保湿力を徐々に失っていきます。このような状況は肌のバリア機能を弱くさせ、紫外線の被害を受けやすくなってしまうのです。

 

このようなことを考慮すると、メラニン色素が蓄積した肌細胞をスムーズに排出する力を取り戻すことがこの種のイボの予防につながることが理解できます。

 

最近では肌細胞を活性化して古くなったものがスムーズに剥がれ落ちるのを手助けするクリームが人気を得ています。

 

そしてアットノンもそのようなクリームの一つです。ではこのクリームは老人性イボの予防に効果的なのでしょうか?その点について見ていくことにしましょう。

 

アットノンの本来の目的

アットノン

アットノンの本来の目的は、外傷や火傷のあとを消すことです。このクリームの持つ作用は主に3つで、保湿、抗炎症、そして血行促進です。まず傷ついた肌の汗腺は損なわれていることがあります。

 

そのためその部分が汗によって保湿されることはなく、乾燥しやすくなります。こうした状況を改善するために保湿成分が含まれています。

 

アットノンはじゅくじゅくしている傷口や、かさぶたができている傷口には使用できません。しかし外傷を負った後、皮膚内で慢性的に起きている炎症を緩和させる作用を有しています。

 

また血行促進作用は新陳代謝を促すことに貢献しますので、傷あととなっている皮膚をスムーズに排出し、新たな肌細胞が作られるのを助けます。これらのことを考慮すると、確かにアットノンが老人性イボの予防に効果的な成分を含んでいることが理解できます。

 

アットノンと専門的な薬品との違いとは

アットノン

冒頭でも考慮したように、老人性イボの発生には紫外線が大きくかかわっています。紫外線はメラニン色素を作り出すために、イボを黒くします。また肌を乾燥させるために、イボに刺激を与えて大きくすることもあります。

 

こうしたことを考えると、このイボを予防したり、除去するためには新陳代謝を促すことに加えて紫外線から肌を守ることが重要なのです。

 

老人性イボを改善するための専門薬には、紫外線から肌を守る成分が含まれているものが多々あります。また天然成分を錠剤とした服用薬も販売されており、このようなものを購入すれば体の内側からイボを改善することができます。

 

専門薬はイボそのもののことを考慮して作られたものです。確かに外傷を目立たなくすることを目的として作られたアットノンにもイボに効果的な成分が含まれていますが、やはり専門薬を使用するのがベストです。

 

老人性イボ