老人性イボは遺伝が原因?気になる疑問を解説!

老人性イボの遺伝

老人性イボが両親に出来てしまっているのを見る時に、これは遺伝するのだろうかと考えてしまっても不思議ではありません。

 

また老人性イボが出来ている人からしたら、この症状が子供、孫に遺伝するものであったらと心配してしまう事もあるでしょう。

 

老人性イボは遺伝するのか?

遺伝

老人性イボの大きな原因の要素は紫外線と肌の老化ですが、遺伝から来る影響もあると考えられています。この理由は若い人でも老人性イボが発生する可能性があるからです。

 

しかし、祖父や祖母、父親、母親に老人性イボがあっても必ずこの症状が遺伝するというわけでもありません。なぜなら老人性イボにかかわらず、イボが出来やすいかどうかは、その人の肌の体質によるからです。

 

例えで考えてみますが、親が乾燥肌で、同じ肌を受け継いだ場合は、その乾燥肌の症状を全くなくすことはできません。

 

しかし乾燥肌のケアをしっかり行うならある程度症状を緩和させることが出来ます。それで、もし老人性イボが遺伝による原因だったとしても悲観する必要はありません。

 

老人性イボを予防する方法とは?

老人性イボの予防

老人性イボが周りの親せきや肉親に出来ていて、もしかしたら自分も将来老人性イボが出来てしまうと思っても、毎日のケアによってある程度予防することが出来ます。

 

また、遺伝にかかわらず、老人性イボは誰にでも出来るものですので、誰をも恨むようなことがないようにしましょう。実際、80歳以上の人の100パーセントが体のどこかに老人性イボがあるといわれているからです。

 

老人性イボを防ぐ方法の一つとして、老人性イボの原因を取り除くということがあります。遺伝的要素が原因だったとしても取り除くことはできませんが、紫外線が原因だった場合には、ケアをすることが出来ます。

 

実際には老人性イボが出来る原因としては遺伝的要素よりも紫外線が理由のほうが多いといわれています。紫外線を浴びるとメラニン色素が肌を守るために作られます、そのメラニン色素が肌のたーのーバーによって排出されれば、シミ、ほくろ、そして老人性イボになることはありません。

 

しかし、老化によって肌の代謝のリズムが安定しない場合には、その古いメラニン色素が残って老人性イボになります。それでまず出来ることとして紫外線を浴びないようにします。

 

紫外線は夏だけに富んでいるわけではなく、一年中を通して浴びる危険性があります。日傘、帽子、日焼け止めクリームを利用しましょう。また顔は日焼け止めクリームを使用することが多いですが、首を忘れてしまう事があります。

 

首に老人性イボが出来るケースが多いですから首にも忘れずストールを巻いたり、日焼け止めを塗りましょう。また、肌の代謝を促すのも良い予防の方法です。

 

しっかりとクレンジングをして保湿を心がけるなら肌は本来のターンオーバーを行うことが出来ます。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素をサプリメントで体に入れることも効果的です。

 

老人性イボ