老人性イボは放っておくと大きくなる?

老人性イボ

老人性イボとは一体何なのでしょうか?

 

これは名前が示すようにお年寄りの皮膚に現れるイボのことで、厳密にいうなら皮膚の良性腫瘍の一つです。正式名称は脂漏性角化症ですが、どちらかというと老人性イボのほうが馴染み深い名前です。

 

先にも述べたようにお年寄りの皮膚に出現するのが一般的ですが、状況によっては20代から30代の人たちの肌に発生することもあります。

 

このイボがすでにできている人たちの中には、これを放っておくべきなのかどうかで悩んでおられる人がいるはずです。先にも少し触れましたが、このイボは良性であるために、一般的には放っておいても問題はありません。

 

しかし大きくなることがあるのは事実です。大きなイボは見た目が良くありませんし、状況によってはこのイボが癌に発展することもあるために、注意が必要です。ではどのようなことが原因でこのイボが大きくなるのか、その点について見ていくことにしましょう。

 

紫外線と肌の老化

紫外線

老人性イボができる主な原因は、紫外線によるものです。体は紫外線を浴びると、その影響から皮膚を守るためにメラニン色素を生成します。

 

肌細胞が若い場合、生成されたメラニン色素は古くなった角質と共に排出されます。

 

しかし年老いた肌細胞は新陳代謝が鈍くなっており、それに伴ってメラニン色素を肌から排出する働きも鈍くなります。

 

メラニン色素を含んだ角質はいつまでも皮膚に留まることになり、そこが紫外線を浴びるとメラニン色素を含んだ角質が積み重なっていきます。

 

そして最終的に角質はどんどん大きくなり、老人性イボとなるのです。この状況をそのままにしておくと、イボはさらに大きくなる可能性が高くなります。

 

老人性イボの予防策

老人性イボの予防策

上記の点をを考慮すると、紫外線から肌を守ることがイボが大きくなるのを防ぐ手段の一つであることが理解できます。そのためまずはこの点を意識します。外出するときは帽子をかぶったり日傘をさすようにすれば、紫外線の影響をそれほど受けずに済みます。

 

また日陰を歩くようにしたり、日差しが強い時間帯はなるべく外出しないようにするだけでも、かなりの効果があります。そして日焼け止めクリームは紫外線の悪影響から肌を守ってくれますので、そうしたものを使用することもできます。

 

また真夏だけではなく、春先の紫外線は非常に強いことで知られています。そのため爽やかな気候であっても、この時期には肌をカバーする薄手の羽織りものなどを使用するのがベストです。

 

保湿

保湿

肌が乾燥しているとバリア機能が弱くなり、紫外線の影響を受けやすくなります。そのため保湿クリームなどを使用して肌の保湿を心がけるべきです。

 

また少し手間がかかるかもしれませんが、メラニン色素の生成を防ぐ美白化粧品などを使用することもできます。

 

その他にもメラニン色素の排出を助けるビタミンCの摂取を心がけることも効果的ですので、老人性イボが大きくなる前にお肌のケアをしっかりと行うようにするべきです。

 

老人性イボ