老人性イボにはオリーブオイルが効く?その理由とは?

オリーブオイル

オリーブオイルは、一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれたオイルです。オリーブオイルの中でもエキストラバージンオイルは、特に酸度が低く新鮮です。

 

そして、ビタミンEの一種であるαトコフェノールの含有量が多いので、乾燥した肌を柔らかくしてくれます。オリーブオイルは、老人性イボにも効果があると言われています。どのような効果があるのか調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

 

オリーブオイルに含まれている有効成分

オレイン酸

皮脂を構成している脂肪酸に最も多く含まれているのが、オレイン酸です。多過ぎると、ニキビや角栓の原因となりますが、老人性イボを柔軟にしてくすみやシワを改善する効果があります。

 

パルミチン酸

ビタミンAのことです。皮膚や皮膚粘膜の健康を維持する働きをします。ビタミンAが不足すると、皮膚粘膜が硬くなったり乾燥しやすくなります。

 

ステアリン酸

保湿効果が高く、肌を乾燥から守ることができます。抗酸化作用もあるので、シミ・シワの改善効果もあります。

 

リノール酸

メラニン色素を抑制・排出する効果があります。肌の水分の蒸発を防ぎ、角質の奥まで浸透して肌の潤いを保つことができます。

 

リノレン酸

肌荒れなどの不調を改善し、整えてくれる効果があります。

 

ビタミンE

抗酸化作用が高いので、紫外線から肌を守ります。

 

若い人でも老人性のイボに

老人性イボ

若い人でも、アクセサリーによる金属アレルギーや、衣服の摩擦などによって老人性イボが出来る場合があります

 

汗をかいた状態でネックスを付けて寝てしまったり、湿疹やかぶれが発症しているのに、ネックレスを付け続けるなどといった習慣を続けいるうちに、老人性イボが出来てしまうケースがあります。

 

プラチナ製だから、絶対にアレルギーにならないということはありません。純度の低いプラチナだとアレルギー反応を起こす可能性が多いにあります。

 

老人性イボイボは、肌の柔らかい箇所に出来やすいので、垢すりをしょっちゅうしているうちに、脇や胸などに老人性イボが、イボがポツポツ出来ていた、ということもあります。

 

老人性イボ対策はオリーブオイルを塗るだけ

オリーブオイル

オリーブオイルは、加齢や紫外線が原因で出来る老人性イボに最適なオイルです。但し、食用のオリーブオイルではなく、スキンケア用の精製オイルを使用しましょう。精製されたオイルの方が、不純物が取り除かれているので、肌への馴染みや浸透性が高いからです。

 

オリーブオイルは、塗るだけでなくスクラブマッサージ用のオイルとして使用するのもお勧めです。重曹とオリーブオイルを大さじ1づつ混ぜてペースト状にしたものは、古い角質を取り除いてイボを柔らかくしてくれます。重曹は、刺激が強いので週に1回ペースで行いましょう。

 

それから、黒糖とオリーブオイルを混ぜたものでマッサージすると、黒糖に含まれているミネラル成分が、肌に浸透して肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

オリーブオイルだけに頼って老人性イボを取ろうとするよりも、ヨクイニンのサプリメントを飲むなどして、体の内側と外側の両方からアプローチしていきましょう。

 

老人性イボ