「老人性イボ」と「ほくろ」の違いとは?

老人性イボとほくろ

みなさん日々肌のケアについては行っていらっしゃると思います。年齢とともに肌についての悩みは個人差があると思いますが女性としてはいつまでもキレイな肌でいたいですよね。

 

今回は老人性イボほくろの違いについて説明していきます。

 

「老人性イボ」と「ほくろ」の違いとは?

老人性イボ

老人性イボは専門的な言葉を使うと脂漏性角化症、ほくろは色素性母斑もしくは母斑細胞性母斑というので名前の通り同じものではないことがわかります。

 

では、それぞれができるメカニズムはどうなのでしょうか。発生のメカニズムがわかれば予防もできそうですよね。

 

老人性イボ(脂漏性角化症)ができる原因

老人性イボ

老人性イボは老人性とついていますが、なにも高齢者に限ったものではありません。確かに年齢を重ねることで皮膚の加齢変化として起こり得るものですが、20代や30代でもできます。

 

ですからいまこの記事を読んでいるあなたにもできるかもしれません。

 

メカニズムとしては紫外線が原因で、紫外線を浴びると皮膚はメラニン色素を作り、表皮と呼ばれる皮膚構造の下の真皮まで紫外線が届かないようにします。しかし、皮膚の新陳代謝は年齢とともに低下します。すると本来であればメラニン色素は皮膚のターンオーバーにより押し上げられ垢として処理されます。

 

加齢変化により、皮膚のターンオーバーが低下するといつまでも古い細胞が処理されず残り、シミなどになったりして時間の経過とともに老人性イボになってしまうわけです。

 

 

ほくろ(母斑細胞性母斑)ができる原因

ほくろ

ほくろができるのは遺伝的なこともありますが、皮膚になんらかのダメージが加わることで、母斑細胞が集まり増殖することで形成されます。この皮膚になんらかのダメージを与える要素としてはストレスであったり、化粧品などの刺激、紫外線、怪我などがあげられます。

 

つまり老人性イボは皮膚のターンオーバーが低下することで本来処理されるものが残ってなるもの、ほくろは皮膚を外部の刺激から守ろうとするものでメカニズムが異なるというわけです。

 

老人性イボ、ほくろを予防するために

老人性イボ

老人性イボもほくろもできたからといって痛みがでるわけでもないですし、日々の生活を送る上では支障はありません。ですが、女性としてはできることならば肌、特に顔の部分にはあまりイボやほくろはできて欲しくないですよね。

 

イボやほくろを作らず、いつまでもキレイな肌で過ごすために以下のことを心がけてください。

 

紫外線からの刺激はできるだけ避ける

イボもほくろもでき方は違いますが、皮膚を守ろうとした結果です。ですから紫外線を浴びてメラニン色素を作らないことが大切です。そのためには紫外線を浴びないように陽射しが強い日は日傘や日焼け止めを利用することは基本中の基本といっても過言ではありません。

 

保湿やスキンケアをしっかりと行う

イボは脂漏性という名前の通り、皮膚を保護する脂が失われることで乾燥し、外部からのダメージを受けやすい状態ですと作られやすくなります。

 

ターンオーバーが低下することで汚れが溜まることでも様々なスキントラブルが起きてしまいます。ですから保湿はしっかりと行い、ターンオーバーを助けてくれる化粧水などを利用するようにしましょう。

 

生活習慣も見直す

不規則な生活習慣を過ごせばそれだけで皮膚にはストレスとなります。偏った食事ではなくビタミンをしっかりとれるような献立にしたり、適度に運動を心がけましょう。

 

運動によってもターンオーバーは活性化しますのでウォーキングなどを取り入れてみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

いまある肌の悩みを悪化させないためにも改善できる部分は改善し、健康な生活を心がけましょう。スキンケアの方法を間違って行ってしまうと肌に良いと思ったことが悪い結果に結びつくので専門家に相談することも考慮してください。

 

老人性イボ