老人性イボを形成外科で治療する際の、治療方法・料金・保険について

老人性イボ−形成外科

老人性イボ(脂漏性角化症)は特別に痛い!かゆい!といった苦痛を伴う病気ではありません。特に治療をしなくても生活に影響をきたすものでもないですが、やはり女性としては人目につくところにできると外出するのも抵抗がありますよね。

 

今回はそんな老人性イボを形成外科をはじめとした医療機関で治療するにあたってどんな方法があるのか、料金はどれくらいなのか、保険は効くのかといった内容でまとめてみました。

 

 

老人性イボの治療方法

老人性イボを治療できる診療科は形成外科や皮膚科といった診療科目のある病院やクリニックです。

 

総合病院ではどうしても待ち時間が長くなるので老人性イボでの相談は形成外科や皮膚科を専門としたクリニックなどを受診されることをおすすめします。

 

どんな方法があるのかを以下に記載したので参考にしてみてください。

 

 

液体窒素による凍結療法

マイナス196℃の液体窒素を老人性イボにあてて、細胞を凍結させる方法です。あてたイボはかさぶたになり、自然にとれますが、イボの数によっては複数回行う必要があります。

 

 

炭酸ガスレーザー治療

こちらは特殊なレーザーをイボにあてて、イボを取ります。照射後は照射部位が赤くなりますが、時間の経過とともに赤みは引いていき目立たなくなります。

 

こちらの方法がもっともイボのあとをきれいにできる方法なようです。形成外科の多くの施設で常備してあります。

 

外科的手術

老人性イボのサイズが大きい場合や、他の皮膚の病気との識別が難しい場合に選択されます。傷跡もさほど目立つことはありませんが、2週間ほど回復までに時間を要します。

 

電気的焼灼術

電気メスを使って行う方法でやはり傷が治るまでに2週間時間がかかります。

 

受診する形成外科や皮膚科によって採用していないものもあるので事前にホームページなどで近隣の受診しようと考えている形成外科や皮膚科の医療機関をチェックしておくことをおすすめします。

 

 

 

老人性イボの治療にあたっての料金や保険は?

形成外科や美容外科の場合は美容目的に比重を占めるため炭酸ガスレーザー治療は保険が適用されず自由診療になります。外科的な処置を行う切除術の場合は保険診療でできるようですが、こちらは医師の診察を受けてみないと一概にいくらとは断言できないですね。

 

 

炭酸ガスレーザーの料金

前述した通りで保険診療になるケース、自由診療になるケースが混在します。多くの場合保険が効かないことが多いようです。

 

自由診療の場合は数や範囲で分かれます。

 

例えば、一箇所であれば1000円だったり、3mmをこえないものならば10000円、3mmを超えるものであれば一箇所10000円です。

 

保険が効けば、3割負担になります。形成外科や皮膚科のホームページに目安となる料金が記載されていることもあります。

 

 

液体窒素による凍結療法

サイズや個数によって費用が異なりますが三箇所までで630円、四箇所以上で810円と保険が効くと負担額も少額で済みますね。

 

 

電気メスや手術

こちらの方法は保険が適応されます。やはり範囲によって異なりますが2000円程度の負担額で済むようです。

 

 

ここまで老人性イボの治療方法と費用についてまとめてみましたが、なんとなくイメージを持つことはできたでしょうか。

 

どの方法にするのかは実際に形成外科や皮膚科、美容外科の医師にみてもらい、説明を受けたうえで選択されてください。

 

また保険が効いて3割負担になっても、効かなくて自由診療の場合も施術の費用だけでなく形成外科や皮膚科を受診すれば初診料や再診料といったものもかかってきます。

 

薬が処方されれば薬代もかかりますので私が掲示した額+αで費用にも個人差があることをご了承ください。形成外科によっては、炭酸ガスレーザーの機器が最新ではない場合に安く受けられる施設も存在するようです。

 

 

まとめ

お金のことって実際に聞きにくいことではありますが、治療を選択するうえで大切な判断基準になると思います。ましてや自由診療の炭酸ガスレーザーなんて特にですよね。

 

安いなら受けてみたいと思いますし、高いなら我慢しようかなんて思いますよね。治療方法を選択するのにいくらぐらいかかるのか質問しにくくても、

 

あとでこんなにかかるなんて思わなかった…。

 

とならないようにあらかじめ事前に医師に治療が終わるまでにおおよそでいくらぐらい、一回の通院でどれくらいかかるのか聞いておくことをおすすめします。説明を求めることは患者さんの権利です。

 

老人性イボ