手の甲にできた老人性イボの除去法と予防法まとめ

老人性イボ−手の甲

老人性イボ、名前からすると老人つまり高齢者にできるものと思いがちですよね。しかしながら、老人と名前についていますが高齢者特有のものではありません。

 

皮膚のターンオーバーが加齢とともに低下した高齢者に多いためこのような名前がついているに過ぎず、老人性イボ脂漏性角化症とも呼ばれています。

 

脂漏性角化症は紫外線と密接な関係にあり、紫外線があたる場所であれば皮膚のどこにでも発生する可能性があります。特にできやすい場所としては顔、頭、首や手の甲などがあげられます。

 

そんな脂漏性角化症ですが、今回は手の甲にできた場合の除去方法と予防法についてまとめていきます。

 

老人性イボ(脂漏性角化症)は良性の皮膚の疾患のため、放置しても全く害がありません。手の甲にできたからといって特別に痛みや痒みといった苦痛を伴うわけでもありません。

 

ですが、女性としては手の甲であっても人目にふれる場所であれば見た目の問題もありますし、まして名前も老人性なんてついていい気持ちにはならないですよね。

 

自分自身で目につく手の甲にイボがあると気になってしまいますよね。

 

老人性イボの除去方法

老人性イボの除去方法について、以下で紹介しましょう。

 

紫外線対策

紫外線対策

老人性イボは直射日光つまり紫外線と深い関係にあります。屋外で活動する時間が長い人は、日傘や日焼け止めを帽子などを活用して皮膚が紫外線に晒されないようにすることがなによりも大切です。

 

除去するよりもできないようにすることが大切なのです。

 

保湿

保湿

できないように予防することとしては紫外線対策とは別に保湿も大切です。日焼け止めや保湿クリーム、女性ならばスキンケアの必需品ですよね。

 

当然ながら皆様スキンケアを行っているとは思いますが、手の甲はトイレに行ったあとに洗ったりしてしまいますよね。

 

また、家事など水仕事で知らず知らずのうちに手の甲に塗ったつもりでも洗い流されてしまっているかもしれません。

 

外出した際には手の甲はもう一度保湿などのスキンケアが十分にできているか見直してみてください。

 

生活習慣

生活習慣

皮膚は紫外線だけでなく、毎日の生活習慣とも深い関係があります。皮膚のターンオーバーが低下するのは偏った食事や不規則な生活習慣、運動不足、喫煙やストレスがあげられます

 

皮膚も細胞ですから、血液循環が悪くなればターンオーバーも低下してしまいます。

 

皮膚という畑に水を与えなければどうなるか想像してみてください。干からびてしまったりしますよね。

 

血液循環をよくするためにも適度に運動を行うことや脂っこい食事などではなく緑黄色野菜や果物を摂取することや禁煙、十分な睡眠や休息が必要になってきます。ストレスが溜まればイライラしてしまい血管が細くなってしまいます。リラックスできるように気分転換をはかられてください。

 

 

老人性イボの除去方法

ここからは手の甲をはじめとした皮膚に老人性イボができてしまったときの除去方法、治療方法について記載していきます。

 

ドライアイス凍結療法

ドライアイス

手の甲などにできてしまった老人性イボに対し、医療用のドライアイスを患部にあてて、凍結させるといったものです。凍結したイボは自然にポロッととれるようになります。

 

手術療法

手術療法

範囲などにもよって異なりますが、局所麻酔を行い、病変部を切除します。

 

レーザー治療

レーザー治療

特殊なレーザーを照射してイボを除去する方法です。

 

 

これら3つの方法は皮膚科や形成外科、美容外科といった診療科で受けることができるので、範囲が大きい場合や数が多いといった場合ならば自宅でケアを行うよりは思い切って受診されることをおすすめします。

 

ドライアイスや手術は保険適応にもなっていますので負担も少なくて済みます。

 

レーザー治療の場合はそれがあることで生活に支障をきたすような場所であれば(例えば目尻や目頭)保険適応になりますが、手の甲などでは自費となります。

 

実際の皮膚の状態をみて、医師が治療方針を提案してくれますので、しっかりとメリットやデメリットを把握したうえで方法を選択していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

老人性イボは意外かもしれませんが同じように悩まれている人も少なくありません。女性としては手の甲を含めていつまでもキレイな肌でいたいですよね。

 

美容に対する意識が高いのはよいことですし、ときには皮膚科を受診して肌の状態を定期的にメンテナンスすることも大切なポイントだと思います。肌の状態に合ったスキンケア方法を実践していきましょう。

 

老人性イボ