老人性イボに尿素は有効?老人性イボに効果的 な対策3選

老人性イボ−尿素

老人性イボと色々検索してみると老人性イボには尿素が有効だという情報も検索できたのではないでしょうか。そもそも尿素とはなんなのでしょうか、まずは尿素がどういったものかを説明していきますね。

 

尿素とは

尿素とは

読んで字のごとく、尿つまりおしっこに関係するもので発見されたのが尿からという素材のため尿素という名前がついています。こう書くと、敬遠したくなる人もいるかもしれませんが待ってくださいね。

 

実は化粧品の成分としては結構前から使われており、冬場の乾燥に使用するハンドクリームなどには含まれている商品が多いぐらいです。知らなかっただけで意外に馴染みの多い成分、安全性の保証されて成分だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

実際に皮膚の疾患である治療として尿素が含まれる軟膏などは多いです。

 

尿素の働きとは

尿素の働きとは

尿素は前述した通り、皮膚の疾患に使われますが、水分と非常に相性がよく保湿効果があります。更に、硬くなってしまった皮膚を柔らかくする働きもあります。

 

ここが大切です。

 

老人性イボはどういったものかというと既にご存知かとは思いますが、おさらいをしましょう。老人性イボは紫外線などのダメージを受けた皮膚が皮膚のターンオーバーが低下し、ダメージを受けた皮膚の細胞をいつまでも排出できずになるものです。

 

老人性イボを改善するためには紫外線を浴び過ぎないことが大切であり、肌が乾燥がちな状態であると、肌本来の防御機能が低下していることになります。

 

肌の防御機能を高めるためには保湿が大切ですし、保湿作用のある尿素は効果的と言えるでしょう。

 

またターンオーバーについても尿素含有の商品であれば、皮膚を柔らかくするということは角質などを排泄して柔らかくするということなので、老人性イボを改善するためには理にかなっていると言えます。

 

ただし、尿素含有のクリームを塗ればいいというわけでも当然ながらありません。あくまで皮膚の状態を尿素のサポートを受けて変化させているに過ぎません。

 

塗り過ぎても逆に未熟な皮膚が盛り上がってくることになり防御機能を低下させてしまうおそれがあります。

 

老人性イボにならないための対策

尿素だけを塗ればいいのではなく大きく以下の3つの対策を行うようにしてください。

 

@紫外線対策

紫外線対策

皮膚に余計なダメージを与えないことは老人性イボを改善するためにも、悪化させないためにも重要です。加齢とともに皮膚のターンオーバーは低下するためダメージをまず与えないように心がけてください。日傘や帽子、日焼け止めなどのアイテムを活用してください。

 

A保湿

保湿

ダメージを全く感じさせないというのは無理があると思いますので、ダメージを受けてしまったかもしれないのであればしっかりとスキンケアを心がけましょう。

 

潤いが皮膚にあれば外界からのダメージを軽減してくれますし、尿素クリームなどを利用して皮膚の移り変わるサイクルを助けてあげるとダメージを受けた皮膚も角質として排泄できます。

 

B生活習慣を見直す

生活習慣

皮膚は生活習慣と密接な関係があります。食事内容も偏ってしまってはターンオーバーに影響をきたし、低下します。バランスの摂れた栄養を摂取することや血液循環をよくするためにも適度な運動、十分な睡眠、禁煙、ストレスを溜めないことが全く関係のないように思われる皮膚にも作用しています。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

尿素が老人性イボの改善に有効なことがお分かりいただけたのではないでしょうか。老人性イボかな?と思ったら生活習慣を省みて改善できる部分は改善するように努めていきましょう。

 

また、いつまでも改善しない、範囲が広がるなどした場合や皮膚に異常がみられるようになった場合は自己判断で経過をみるのではなく医療機関を受診し、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

老人性イボ