老人性イボに「にがり」は良いの?徹底解説

老人性イボ−にがり

気になりだすと一刻も早くなんとかしたい老人性イボは嫌ですね。この老人性イボに「にがり」が良いと聞いたことはありませんか。にがりは海水から作るミネラルが豊富な液体です。スーパーやドラッグストアで安価で売られていますから気軽に購入できます。

 

豆腐を作る際にも使われているにがりが老人性イボの改善に役立つなら試してみる価値がありそうです。にがりを使って数日程度でイボが目立たなくなったという体験談も有名です。悩んでいるだけではもったいないことですから、さっそくにがりを試してみましょう。

 

にがりの正体って何?

にがり

にがりは海水から食塩を作る際に、塩分を結晶化させたあとに残った液体のことで苦汁(くじゅう)とも呼ばれています。海の水から作っているので塩化マグネシウムなどたくさんのミネラルを含んでいます。

 

にがりは豆腐を作る際に天然の添加物として使われていますから肌にも安心して使えます。天然のにがりの原液はとても苦くて舐めたりはできません。にがりの健康効果を活用するいろいろな使用法がありますが、必ず薄めて使うようにして下さい

 

老人性イボを改善する方法とは

老人性イボの改善

老人性イボは肌の老化によって起こります。老人性イボは肌にできたシミが蓄積されて盛り上がったものなので、肌が生まれ変わる周期をきちんと整えていけばきれいになってくれるはずです。肌が生まれ変わるためのターンオーバーを促して傷やシミができてしまうのを防ぎましょう

 

なかなか皮膚科に行く時間が取れなかったり、面倒でそのまま放置してしまったりする人は多いことでしょう。自宅でできる肌ケアで老人性イボが消えてくれたら嬉しいですよね。そこで身近に売っているにがりを使って手間なくストレスなく、たくさんのお金をかけなくてもいい肌ケアを実践してみましょう。

 

にがりを使ってイボ撃退!

にがり

にがりに含まれるたくさんのミネラルは、肌の老化によるターンオーバーの乱れを正常に促す働きをしてくれます。これによって肌は周期的に生まれ変わるのでシミが蓄積されにくくなります。

 

にがりに含まれるマグネシウムには肌表面のバリア機能を高めてくれる働きがあるので、ダメージを受けにくい健康な肌に戻してくれます。にがりは肌の健康を取り戻す効果がありますから、長く悩んでいる老人性イボの改善にもきっと役に立ってくれます。

 

にがりを日課に!これで老人性イボ改善

※にがりは原液で使わずに必ず薄めて使用して下さい。

 

にがりローション

洗面器に水を入れてごく少量のにがりを混ぜます。500mlペットボトルに作る場合はペットボトルのキャップの半分以下のにがりを混ぜて作ります。このローションをイボに塗ってケアします。スプレー容器に入れて気になる時にスプレーすると便利です。

 

にがり風呂

いつものようにお風呂にお湯をはって、にがりを5ml程度入れよく混ぜます。あまり熱くない温度でゆっくり温まりましょう。湯上りは洗い流さずにそのまま出て下さい。

 

洗顔やシャンプーに、にがり風呂のお湯を使うのは避けた方がよいでしょう。目にしみたり髪が傷んだりすることがあります。

 

にがりを使う時に気をつけること

にがり

にがりの健康法がいろいろ紹介されていますが、日常的な飲用や食事に入れて大量に摂ってしまうとなるとマグネシウム過多になり腎臓への負担が大きくなる可能性があります。その結果、高マグネシウム血症という病気の危険性もあります。

 

高血圧や腎臓に疾患がある人は肌に使うことも医師と相談してから使用して下さい。健康面で不安のない人が肌ににがりを適量使うのは安全です。それぞれの肌との相性がありますが老人性イボの改善を考えるならおススメします。

 

まとめ

老人性イボを少しでも改善させたいと思ったら、にがりを試してみてはいかがでしょうか。劇的に良くなるということではなく、毎日使っていくうちに肌の機能を整えて健康にしてくれる効果があります。

 

にがりは必ず原液を薄めて使用して、肌に合わないと思ったら使用をやめて下さい。自分の肌に合えば長年の悩みだったイボが目立たなくなって毎日が楽しくなります。身近にある天然のにがりをさっそく試してみませんか。

 

老人性イボ