MENU

老人性イボ(スキンタッグ)は紫外線が原因?

老人性イボと紫外線

体に出来るぽつぽつとしたふくらみは、スキンタッグと呼ばれる肌の老化によるものとなります。

 

一般的に老人性イボと呼ばれるイボもこのスキンタッグの一種となりますので、スキンタッグの原因と対処法を知ることが数を増やさないために必要となります。

 

スキンタッグとは何か、その原因とは?

スキンタッグ

スキンタッグと呼ばれる肌のぽつぽつは、年齢に関わらず出来る可能性のある症状となります。

 

その為20〜30代でもスキンタッグが出来てしまうことも少なくないですし、増えれば見た目にもあまり印象が良くないためスキンタッグが出来ないようにすることが対策として必要となります。

 

スキンタッグは老人性イボとも呼ばれるイボですので、年齢を経ていく共に肌に出来やすくなるという特徴もあります。

 

スキンタッグが増えれば増えるほど肌の老化が進んでいるしるしですし、取り除くには医療機関の利用が必要になるため日頃の対策の重要性が分かるでしょう。

 

スキンタッグが増える原因

スキンタッグの原因

スキンタッグが増えてしまう原因として最も考えられるのが紫外線によるダメージです。紫外線は1年を通して太陽から降り注いでいる特殊な光線ですので、意識しない間に相当量の紫外線を浴びている可能性もあります。

 

昔は日焼けした肌がかっこいいといった風潮もありましたが、日焼け=紫外線を浴びている証拠であり、黒ければ黒いほど紫外線を必要以上に浴びていることになります。

 

紫外線を浴びることで肌はシミやしわが増えることになり、毎日の積み重ねでそれが顕著に表れやすくなります

 

紫外線を浴びて日焼けするとそれがシミになりやすくなりますし、肌の奥深くまで届いた紫外線に関してはコラーゲンなどを破壊したるみなどを生むことになります。

 

何より紫外線により肌の再生が狂わされることで正しい細胞の生まれ変わりが出来なくなりそれが老人性イボを生み出す原因となります。

 

紫外線を予防すると老人性イボは防げる!

紫外線と老人性イボ

紫外線を浴び続けると老人性イボやスキンタッグが出来やすくなりますが、逆に紫外線を浴びなければスキンタッグなどは出来にくくなります。その為日頃の紫外線対策や肌ケアを徹底することがとても重要になり、対策をするだけで大幅に紫外線のダメージを軽減することが出来ます。

 

紫外線対策は主に夏場に行う人が多いですが、春や秋にも相当量の紫外線が降り注いでいますし冬場でも紫外線が無くなることはありません。その為1年を通してUVカットできる服装やクリームなどの利用、帰宅後の保水や保湿ケアを行うことが必要不可欠となります。

 

これは毎日行うことで効果を発揮することになりますし、若い段階から対策を講じておくことで年齢を経てからの老人性イボの発生を食い止めることにも繋がります。

 

紫外線のダメージは蓄積されるものだと理解しておくことが重要であり、少しくらいなら大丈夫と安易な考えで紫外線を浴びないことが将来的に肌を綺麗に保てるかどうかに繋がっていくことになります。キンタッグの説明も始めにして下さい。

 

老人性イボ