【老人性イボのレーザー治療情報まとめ】保険適用の有無・料金・治療法など

老人性イボ−レーザー

炭酸ガスレーザー治療は切らないので痛みや出血がほとんどありません。治療前に麻酔をしますから痛みに敏感な人には最適な治療法です。治療期間も他の治療法に比べて格段に早いのが特徴です。

 

炭酸ガスレーザー治療を考えるなら、熟練の医師がいる皮膚科、美容皮膚科を探すことが大切です。治療数が多く経験が豊かな医師に任せて、肌を美しく健康的によみがえらせましょう。

 

レーザー治療のメリット

炭酸ガスレーザー治療は、老人性イボなどの患部の水分を炭酸ガスで蒸発させます。患部周辺の皮膚に影響することなく、イボの水分を加熱して蒸発させるのでほとんど痛みや熱さを感じることなく安全です。

 

レーザー治療の一番のメリットは痛みがなくあっという間に治療が終わることです。傷あとが残りにくく瞬時にイボが消えます。1個のイボのために何回も繰り返し通うことがないので治療期間も他の方法に比べて短くてすみます。

 

治療後は黒く色素沈着してかさぶたになりますが、適切な肌ケアをしてきれいにしていきます。

 

本当にあっという間!老人性イボが消える

盛り上がったイボの組織にレーザーを照射すれば瞬間的に破壊されてなくなります。治療する患部周辺の皮膚は熱で固まるので出血もなく、老人性イボはすっかりなくなります。

 

治療後は徐々に黒くなってきますので、炎症予防のクリームや美白クリームを処方されることになります。患部がかさぶたになり、1週間程度で取れてしまいます。この期間は紫外線対策を忘れずに、かさぶたが取れたあとは美白クリームを毎日忘れずに塗って色素を消していきます。

 

レーザーって保険が効くの?

多くの皮膚科・美容皮膚科でレーザー治療は健康保険がききません。全額自己負担になるので金額は大きく、これがレーザー治療のデメリットとなっています。非常に高性能で高価な機械と熟練の医師の技術で、患者さんのイボを納得いく状態に治療していくためには保険適用では大変難しいようです。

 

医師が医療費を保険請求する場合、細かい保険の審査があります。レーザー治療の場合、厳しい審査があり、患者さんにかかる治療費の全てを保険適用の治療にしてしまうと治療内容が不十分になってしまう恐れがあるというのです。

 

レーザー治療は見た目が美しくできるという面でも美容的な意味合いの治療と判断されます。一般的にレーザー治療は保険がきかないものですが、最近は場合によって医師の判断で保険がきくこともあるようです。

 

自分の老人性イボの数や出来た場所、イボの状態で適した治療法は変わってきます。医師の診断と自分の希望で判断して、レーザー治療を選ぶなら保険適用か適用外かきちんと聞いて下さい。

 

美容皮膚科では保険適応外のレーザー治療のみということがほとんどです。一部の皮膚科でもレーザー治療しかやらないところもあるようです。通う予定の皮膚科で、自分が受ける治療はどうなのかきちんと確認しましょう。

 

まとめ

レーザー治療のメリットは痛みや出血がなく、即効で老人性イボが消えることです。治療にかかる時間も少なく肌に負担がありません。しかも傷あとが残りにくいので顔や首のイボに効果的です。特に女性や若い年齢層の人にはおススメの治療法です。

 

健康保険がきかないので費用的には負担が大きくなります。費用面を考えても後のことを考えるとメリットが多いので、短期間で除去できる程度の小さい、少ないイボでしたら断然おススメです。

 

傷が残ると目立ってしまう顔や首などに多くのイボができてしまった場合もレーザー治療が最適です。皮膚科・美容皮膚科などの医療機関で保険が使えるかそうでないか、治療期間はどれくらいか、その他にも大事なことは十分相談して決めて下さい。

 

事前に十分説明を受けることで、老人性イボの治療を安心して受けられるのです。大切な肌の将来がかかっています、後悔はしたくないですよね。

 

老人性イボ