老人性いぼを糸でしばる方法とは?その危険性と最善の方法

老人性いぼを糸でしばる

加齢によって、首元や顔などにできる「いぼ」の多くは、老人性いぼという種類の良性腫瘍となります。女性の方は、見た目に影響するので、気になる方も多いと思います。

 

WEBなどで、老人性いぼの除去方法を探すと「糸でしばる」という方法があると思います。自分で「いぼを糸でしばる」ことで、老人性いぼが取れたという情報も数多くあります。しかし、老人性いぼを糸でしばることは、問題ないのでしょうか?

 

今回は、老人性いぼを糸でしばることで、いぼを取る方法について紹介していきます。糸でしばることで、老人性いぼを取ることができる理由なども解説するので、参考にしてください。

 

老人性いぼを糸でしばる除去方法とは?

老人性いぼを糸でしばる除去方法は、そこまで難しい方法ではありません。「老人性いぼの根元を糸でしっかりとしばる」だけです。いぼを糸でしばる際のポイントは、極力「細い糸」を使用することと、少し痛みを感じるくらい「しっかりとしばる」ことです。

 

老人性いぼを糸でしばり、数時間経過すると、いぼがうっ血した状態になります。この状態のまま数日放置することで、いぼは小さくなるか、黒く変色して固くなってきます。そして、最終的にいぼが自然に取れると言われています。

 

注意点は、無理やりいぼを取らないことです。いぼが自然に取れるのを待ってください。また、いぼが取れた場所は、しっかりとケアする必要がありますので、放置しないようにしてください。

 

老人性いぼを糸でしばると除去できる理由は?

老人性いぼを糸でしばることで、いぼを取ることができる理由を簡単に説明したいと思います。まず、老人性いぼを糸でしばることによって、いぼに血液が届かなくなります。

 

いぼは、血液から栄養を吸収していますので、いぼを糸でしばると、栄養が届かなくなり、壊死してしまいます。その結果、壊死したいぼが皮膚から取れるということになります。

 

老人性いぼを糸でしばる除去方法はリスクがある!

老人性いぼを糸でしばることによって除去する方法を紹介してきましたが、基本的にいぼを自分で除去することは、おススメしません。理由は、リスクが高いからです。

 

いぼを糸でしばる除去方法などは、いぼが取れた後にケアをしっかり行わなければ、いぼの状態を悪化させる可能性があります。また、皮膚を傷つけてしまい、新たな肌トラブルを促進してしまう可能性もあります。

 

さらに、いぼが老人性いぼではなく、ウイルス性のいぼの場合もあります。ウイルス性のいぼは、ウイルスを除去しない限り、いぼが取れることはありえません。誤って、ウイルス性のいぼを傷つけてしまうと、ウイルスが拡散し、いぼが広がってしまう恐れもあります。

 

皮膚科などの医療機関を受診する機会があれば、聞いてみていただきたいのですが、大抵の医師の方が、自分でいぼを除去する行為に反対すると思います。老人性いぼを早期に取りたい方は、皮膚科などの医療機関で治療を行うことが一番です。

 

糸でしばる方法以外に老人性いぼを除去する方法はある?

老人性いぼを除去する際は、皮膚科などの医療機関で除去することが一番良いと思います。しかし、自分で老人性いぼを除去したいという方もいると思います。ここでは、糸でしばる方法以外に、自分で老人性いぼを除去する方法を紹介します。

 

おススメは、老人性いぼに効くと言われている専用化粧品を使用する方法です。いぼが取れるまで、時間がかかってしまいますが、スキンケアも同時にできるので一石二鳥の方法になります。

 

また、老人性いぼに効果がある専用化粧品には、老人性いぼを予防するための成分が豊富に含まれていますので、いぼを除去するだけでなく、いぼの予防にもなります。糸でしばることで老人性いぼを除去する方法と違い、リスクがありませんので、試してみてください。

 

まとめ

老人性いぼを糸でしばる除去方法についてまとめてきました。老人性いぼを除去する際は、基本的に皮膚科などの医療機関で行うようにしてください。

 

リスクが高くても、老人性いぼを糸でしばる除去法を試したいという方は、すべて自己責任になるということを覚えておいてください。また、糸でしばる除去法などで、皮膚に異常が出た場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

 

老人性イボ