老人性イボが出来るとかゆい?それは違うイボなのかも!

老人性イボがかゆい

加齢によって皮膚の新陳代謝が悪くなると、老人性イボができてきます。ですが、良性腫瘍のひとつなので、身体に害はありません。唯一害があるとするなら、見た目に関係することだけです。

 

しかし、稀にかゆいときがあるそうです。かゆいのは、違う病気のサインかもしれません。今回は、イボがゆいときに気を付けなければいけないことを紹介します。

 

老人性イボはかゆいという症状が出ない!

まず、老人性イボは「かゆい」という症状が出ません。なぜかゆいという症状が出ないのかというと、角質だからです。

 

皮膚の新陳代謝が悪くなり、古い角質やメラニンが蓄積されてできます。したがって、神経が通っていませんので、基本的にかゆいという症状が現れることはありません。

 

また、ウイルス性のイボがあります。ウイルス性も基本的にかゆいという症状が出ませんので、覚えておくと良いかもしれません。

 

老人性イボがかゆい場合もあるの?

老人性イボは、基本的にかゆいという症状が出ませんが、かゆいと錯覚する場合があります。かゆいと錯覚する場面をいくつか紹介しておきます。

 

まず、イボが大きくなり、衣類などと擦れてしまう場合です。この場合は、衣類に擦れることにより、周りの皮膚が引っ張られて、刺激を受けてしまいます。その結果、周りの皮膚にかゆみなどの症状が出て、患部がかゆいと錯覚する可能性があります。

 

また、患部を傷つけてしまった場合やその周りに湿疹などのかゆみを伴うできものがある場合も、かゆいと錯覚する可能性があります。どの場合も、老人性イボ自体がかゆいということはありませんので、慎重に確認してみてください。

 

イボがかゆいときは消化器官に問題があるかも!

イボがかゆいときは、違う病気を患っている可能性があります。特に、消化器系の病気を患っている可能性が高いです。

 

消化器系の疾患によって皮膚に現れる症状は「デルマドローム」と呼ばれ、消化器系疾患の兆候と言われています。最悪の場合、胃がんや大腸がんなどの消化器系のガンの可能性もありますので、一度医療機関で受診することをおススメします。

 

かゆいという症状以外には「急速に現れるもの」や「日の当たらない部分にできるもの」の場合も気を付けると良いと思います。疑わしいイボができた場合は、一度病院で診察してもらうのが一番です。

 

かゆいときはすぐ医療機関に行きましょう!

かゆいと思った場合は、すぐに医療機関に行ってください。まずは皮膚科を受診すれば大丈夫です。万が一、消化器系の疾患だとしても、皮膚科で適切な医療機関を紹介してもらうことができます。

 

また、症状や状態を診断してもらえるので、余計な心配をしなくて良くなります。症状や状態を知ることは、改善するための近道になりますので、医療機関を受診して、損することはありません。

 

自分で勝手な判断をすることが一番危険です。消化器系のガンの場合は、早期発見が重要になりますので、積極的に医療機関を活用してみてください。

 

まとめ

かゆいときに気を付けなければいけないことをまとめて来ました。かゆい場合は、老人性イボではない場合がありますので、注意が必要です。

 

かゆみを伴うイボは、消化器系疾患の兆候が表れている可能性が高いので、一度医療機関に行ってください。かゆいのかわからないときも、その症状や状態を確認して、疑わしい場合は、医療機関を受診することをおススメします。

 

どんな病気でも、早期発見が重要になります。自分で判断せずに、迷ったときは医療機関で受診するようにしましょう。

 

老人性イボ